特定非営利活動法人ライフ&ライフサポートネットワーク

運営の基本理念サイトマップ
home
 



高齢者・障害者共同体ネット

私たちのしごと
「エンディングノート」への記入の手伝いからスタートします。
*第一歩は、会員と相談員の間の「聞き取りと癒し」です。
悪徳商法から、会員のくらしを守ります。
定期的に監査人による監査を受け、法人内部に起きるかもしれない不正に対処します。
法人が決定した個人情報保護方針を遵守します。
伝達すべきことをノート形式に記入します。「旅立ちのための準備ノート」、人生を振り返る「自分史」がポイントです。

相談員が聞き役となって作成していきます。

2011年のNHKスペシャル『無縁社会』でにわかにクローズアップされ、また、年間3万人を超える孤独死も、自殺率の高さと合わせ、社会問題化しています。
人が生まれ、育ち、生きて、死んでいく時に、人として扱われ、敬われることが一番ではないでしょうか。
私たちのNPOは、「身内がいない、近くにいない一人住まい」の高齢者や障害者の生活支援、成年後見に取組み、地域社会の再生、高齢者・障害者共同体の構築を目ざしていきます。
成年後見制度
2000 年、認知症など判断能力が不十分な人に代わり、財産管理や契約行為を行う制度として始まりました。親族・市町村長の申し立てを受け、家裁が後見・保佐・補助の区分と支援者を決定する法定後見と任意後見があります。

日常生活自立支援事業
成年後見受益者より判断能力が高く、事業の契約内容を理解できる方が対象となり、本人が申請します。将来の成年後見希望者ともいえます。

法定成年後見
契約
親族等に代わって、法律専門家に依頼し、申し立てを支援します。後見人・保佐人・補助人は家裁の審判によって決定されます。
葬儀などの扱い
任意後見に準拠して実行します。

生活自立支援@
契約
いのくらネットと契約を結び、相談員を派遣し、相談員が生活全般にわたって支援・世話をします。
代行・支援業務
買い物、会葬・法事への参加、知人・友人への連絡、外出の付き添い、話相手など会員本人を代行、又は付き添いをし、日常の生活自立を支援します。
旅立ち業務
葬儀、遺品・廃棄物の整理・処分など死後に関わり、会員全てに共通する供養、遺骨・納骨の処理、墓の建立・管理など特定の実行希望により生前に、契約を結びます。
通帳預託・金銭管理
日常的な金銭管理により、訪問販売や悪徳商法から守り、必要に応じクーリングオフを申立てます。
任意成年後見
契約・財産管理
いのくらネットと事前に結び、法人後見を受任します。市民後見人を派遣、トータルな後見を行います。
遺言作成・執行
遺言公正証書を作成し、執行人に就任します。
葬儀・供養・墓建立
公正証書を作成受任し、死後の一切の希望を実現します。四天王寺等と連携し、永代供養を行います。
遺品整理・処分
登録された専門職に依頼します。

生活自立支援A
医療支援
受診する時の代理人、入院時の身元引受人になります。
介護支援行
身体能力が低下し、介護が必要になった時、介護申請を代行し、代理人、身元引受人になります。
見守りホットライン
5日に1回、定期に安否確認をし、話相手になります。メールを利用の方には、メールを活用します。
住宅担保生活資金借入
自宅をお持ちの方は、住宅を担保に、居住しながら、毎月の生活費を借り入れることができます。リバースモーゲージといいます。



特定非営利活動法人ライフ&ライフサポートネットワーク事務局  〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1 あべのルシアス14階 
電話:06-4397-8683  Fax:06-4397-8684
Copyright (C) Inokuranet. Rights Reserved.